【22歳以下限定】TABETE×アイカサが共同主催!無料オンラインイベント「アイカサ×TABETE合同U22学生カイギ」参加者募集中

【22歳以下限定】TABETE×アイカサが共同主催!無料オンラインイベント「アイカサ×TABETE合同U22学生カイギ」参加者募集中

「脱プラ・食ロスを切り口にエシカル消費の未来についてみんなで考えよう!」をテーマにした「アイカサ×TABETE合同U22学生カイギ」を、2021年10月5日(火)に開催いたします。

<「アイカサ×TABETE合同U22学生カイギ」を開催します!>

日本初のフードロスに特化したシェアリングサービス「TABETE」を運営する株式会社コークッキングと、「アイカサ」が初めて共同開催するオンラインイベントの参加者募集中です。

社会課題や環境問題に感度の高いZ世代を中心とした22歳以下を対象に、実際にサービスを通して社会課題を解決する2社がリアルな現場での課題感等についてU22と深く議論する場を設けるべく、この度、オンラインイベントを開催することにいたしました。

「エシカル消費」など、社会課題や環境を意識した取り組みが企業に求められる中、実際にビジネスとして社会課題を解決していくにはどのような課題が存在するのか。今回は実際の事例をもとにご紹介いたします。

今回のイベントでは、株式会社コークッキング代表取締役CEOの川越一磨さんと株式会社Nature Innovation Group、アイカサ代表取締役CEOの丸川照司が登壇し、ワークショップを通して実践的な社会課題への取り組み方を参加者の皆さんと一緒に考えていく取り組みを実施します。

※プログラム、登壇者は予告なく変更することがあります。

★こんな方におすすめです

・社会課題や環境問題に興味のある方

・社会課題に対して、自分ができることが分からずモヤモヤしている方

・社会事業を自分で起業してみたい方

・TABETEやアイカサの事業内容に興味のある方

<イベント概要>

▼イベント詳細・お申込みはこちら(参加:無料)

https://peatix.com/event/2903501/view?k=d57abd2b883923f98afc53473784686490c79456&fbclid=IwAR0LAh9VDkhQsqSPZXVcBqu4WwEBeLPq4puTbt2yGC2o9UiQ-cYMwvVwneU

【イベントタイムライン】

①フードロスに関する話題提供と課題

②廃プラ問題に関する話題提供と課題

③両サービスが拡がる/使われることでどんな社会を目指すか?

④ワークショップ

ディスカッションテーマ:「私たちの生活の中に無理なくエシカル消費を取り入れるためにはどうすればよいか?」

⑤作戦会議

⑥発表

⑦エンディング

時間は1時間半〜2時間ほどを予定しておりますが、ご参加のしやすいオンラインイベントですので、ぜひ奮ってご参加ください!

An image from Notion

【スピーカー紹介】

〇株式会社コークッキング

代表取締役CEO

川越 一磨

2014年 慶應義塾大学総合政策学部卒業。

大学在学中に和食料理店で料理人修行をし、卒業後は株式会社サッポロライオンで飲食店の店舗運営の経験を積む。退職後、大学時代に山梨県富士吉田市をフィールドとしたまちづくり研究をしていた関係で、2015年7月富士吉田に移住。空き家をリノベーションしたコミュニティカフェやこども食堂の立ち上げなどを行う。

同年12月に株式会社コークッキングを創業。料理を通じたチームビルディングワークショップ等を、主に法人向けに展開。2017年からはサスティナブルな食の未来を切り拓くべく、日本初のフードロスに特化したシェアリングサービス「TABETE」の事業化に取り組む。

2016年5月よりスローフードの活動に参画し、フードロスの啓蒙活動「Disco Soup」の運営に従事。Slow Food Youth Network Tokyo代表を経て、2019年4月には一般社団法人日本スローフード協会の理事に就任。

フードロスに関することのみではなく、SDGs関連トピック、フードビジネスに関するスピーチや講演なども積極的に行っている。

〇株式会社Nature Innovation Group

アイカサ 代表取締役CEO

丸川 照司

日本と台湾のハーフ。日本の大学に進学したが、興味を感じられず中退し、「新興国の勢いをこの目で見たい」とマレーシア大学に留学。車、タクシー、自転車など、さまざまなジャンルでシェアリングビジネスが浸透していることに衝撃を受ける。もともと、「社会のために何かをしたい」という想いがあったことから、傘のシェアリングを事業化しようと思い立つ

※プログラム並びに登壇者は予告なく変更される場合があります。

《フードロス削減アプリ「TABETE」》

自分にも、お店にも、地球にも。みんな心地よい食の選択を。

「まだおいしく安全に食べられるにも関わらず、店頭では売り切るのが難しそう」「このままでは自慢の商品がロスになってしまう…」そんな場面で出品された食べ物を購入して「レスキュー」できるサービスです。

○ユーザー:約45万人|掲載店舗:約1,800店舗(2021年9月)

飲食店や小売店は、廃棄の危機にある食べ物を1品から出品可能。出品したメニューは即時にTABETEアプリに掲載され43万人以上のユーザーが閲覧できるようになります。

購入が確定するとお店に通知が届きます。購入者が来店したら、アプリの画面を確認して商品を渡せば「レスキュー」完了です。

*アプリ上でクレジットカード決済を済ませてから引き取りに行く仕組みのため、店頭での金銭のやり取りは発生しません。

▶iOS版アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/tabete/id1392919676

▶Android版アプリ

http://tabete.page.link/android-prtimes

▶Webページ

https://tabete.me/

▶︎お店の声:TABETE導入後インタビュー

https://note.com/tabete/m/md5f5a28eb4ff

An image from Notion
編集者: Kaoru Kato
掲載日: September 13, 2021

アイカサを使ってみる!

今すぐダウンロード!